「私の出合った日本百名山」 他の山々

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊 私の出合った日本百名山 他の山々 第192号

<<   作成日時 : 2007/10/30 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

☆☆☆  週刊 私の出合った日本百名山 他の山々 第192号 2007/10/30 ☆☆☆

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 みなさん、こんにちは。

 一昨日の日曜日は低気圧が通過後の良い天気でしたね。
快晴の中、富士山がきれいに見えました。
私はそんな中、地元の人達と近くの川の樹木の剪定に汗を流しました。
発電器を軽トラに積み、電動ヘッジトリマーで垣根の上端をそろえました。
久しぶりのヘッジトリマーで腕が疲れました。

 今回紹介する山は、和名倉山(わなくらやま)〈白石山(しらいしやま)〉(20
36m)です。埼玉県にある二百名山です。私が登った登山口は山梨県の西、甲州市
三ノ瀬にあります。尾根歩きが楽しい山ですが、「山ノ神土」からは伸び放題の笹の
露払いと「焼小屋ノ頭」からの放置された大量のワイヤーに少々うんざりしました。
それを差し引いてもなかなかよい山だと思います。 
 

 
【今週紹介する山】


 和名倉山(わなくらやま)〈白石山(しらいしやま)〉(2036m)

  [ 二百名山、埼玉県 ]




私の印象は

     「 露払いと大量放置の太ワイヤーにうんざりの 和名倉山 」
    


【歩いた日】     2007年9月23日(日)

【天候】        曇りのち雨

【コース及び時間】

 三ノ瀬(山梨県甲州市)6:02発−6:29七ツ石分岐−(七ツ石尾根)−7:

24牛王院平7:30−7:34山ノ神土−8:40西仙波−8:45東仙波−9:

00焼小屋ノ頭9:05−9:45川又分岐−9:57二ノ瀬分岐−10:13和名

倉山(白石山)〈2036m〉10:24−10:35二ノ瀬分岐−10:42川又

分岐10:47−11:20焼小屋ノ頭11:35−11:46東仙波−12:15

リンノ峰下12:30−12:58山ノ神土13:03−13:07牛王院平−13

:13将監峠−13:23将監小屋分岐−14:05七ツ石分岐−14:25三ノ瀬

(みはらしP)


   【 登り 4時間22分  下り 4時間21分   計8時間43分 】

*コースタイムは休憩や写真撮影などを含む私が実際にかかった時間です。
 その時の体調や天候によって大きく変わってきます。あくまでも参考タイムです。


【温泉】    塩山温泉 宏池荘  400円



【感想 等】

 9月下旬の3連休を使って日本200名山3座にトライしようと出かけた。
3座の縦走ではなく山梨県の西、北東、東と移動しながらの登山だ。
その第2日目は和名倉山〈白石山〉(2036m)である。

 塩山市からR411を上って柳沢峠を下り一ノ瀬高原を通り三ノ瀬の「民宿みはら
し」に着いた。
ここからこの山に登る場合、車を止めるのはこの民宿の駐車場しかない。
細い道で周りの風景に気を取られていたので登山口がわからなかった。
アルペンガイドには「慣れたタクシーの運転手なら三ノ瀬上端の登山口で降ろしてく
れる」と書いてあった。
「上端」か、民宿前の舗装道はまだ上っていた。少し歩いてみると民宿みはらしの看
板が出ていた。
そこには「登山者のみなさん、お帰りなさい。」のようなことが書いてあった。
じゃあ、この上に登山口があるのか、ともう少し上ってみる。ない、どこまで行って
も登山口がない。
もう一度、みはらしまで戻りガイドを見る。先ほどの文の続きに「指導標にしたがい
沢に沿って登っていく」とある。

 「沢」。辺りを見回すと沢は民宿みはらしのすぐ下のカーブの所にあった。
行ってみるとHPの写真ののような標識があった。
「上端」の言葉にとらわれすぎ、下を見なかった。

 6時過ぎ、民宿みはらしをもう一度覗いたが不在のようだったので黙って車を置い
て出発する。
将監小屋へ軽トラで荷を運ぶためにも使われるやや広い傾斜の緩やかな沢沿いの山道
を登っていく。
両側にはたくさんの木々が茂っている。

 30分弱歩くと「牛王院下」だ。ここから七ツ石尾根を登っていくと将監峠を通ら
ずに牛王院平に出る。
両側の笹を刈ってくれてあり巾2mほどで歩きやすい。
登っていくとかなり大きな木もあった。

 やがて山道はもっとなだらかになり木々に囲まれた牛王院平に着いた。
少し休んでから平坦な道を進む。山の頂付近にガスが出てきた。
5分弱で「山ノ神土」に着いた。

 標識に沿って右折すれば和名倉山〈白石山〉だ。(直進は唐松尾山、笠取山方面で
ある)
県境になっている直進方向は巾2mくらいに笹がきれいに刈ってあるが、和名倉山〈
白石山〉方面は笹が伸び放題である。
しかも山道は笹の中を斜面に付けられている。
だから笹の上を歩くことになる。たいへん滑る。
その笹には露がたくさん付いているから余計滑る。。
また、歩くたびにその露がズボンに付く。
靴はゴアテックス製なのでそのまま濡れることはないが、露払いが長く続くとズボン
からたれて靴の中が湿ってくるであろう。

 ガスはますます深くなってきた。
道は尾根なので晴れていれば展望があるはずだ。
山ノ神土から1時間近く歩くとシャクナゲが両側に茂っている。
花の時期に来れば素敵だろうと思いつつ、上半身で露払いをして進む。

 8時40分、標高1983mの「西仙波」に着いた。
ここには標識がなかった。
そこから5分で2003mの「東仙波」だった。
そこには白い金属板の表示があった。

 9時、焼小屋ノ頭に着いた。
地名の意味はわからないが、焼けた木の根が至る所にありそれが続いている。
山火事の跡の感じだ(写真)。
下の草は黄色に染まり始めていた。
しかし火事は何年も前のことのようで周りの木々も大きくなってきている。

 数年前、焼津アルプスでも放火事件があり、木々が少し焦げたがそれらの木々はす
ぐに枯れてしまった。
木は火の熱さに本当に弱いのかもしれない、とその時思った。

 しばらく行くと、樹木伐採の残骸だろうかワイヤーが散乱している(写真)。
直径2cmほどのワイヤーだ。
長い距離に渡って写真のように散乱しているので足にも絡んだりする。
私も2回ほど転びそうになった。

 合計の鉄の量は何百kgはあるだろう。
なぜ放置されているのだろうか。
危険であるし環境にもマイナスである。
また、鉄くずとしても価値がありそうだ。
下に降ろす手間と金銭との兼ね合いなのだろうか。
全く残念である。

 川又への分岐を過ぎ、二ノ瀬への分岐を10時近くに通過した。
小雨が降ってきている。私はまだ雨具は付けていない。
標識に従って右方向に10分余行くと2036mの和名倉山〈白石山〉に着いた。

 和名倉山〈白石山〉山頂は樹木の中にあった。
なぜ、和名倉山と白石山の2つの名前があるのだろうか。
本によると呼び方が山梨側では白石山で埼玉側では和名倉山だという。
他の地域でも見えるところによって呼ばれ方の違う山は多数あると思う。
しかし公式の表示は1つにしているところが多い。
1つにした方が紛らわしくなくてよい。

 残念ながらの小雨なので10分余で山頂を去ることにした。
帰路は同じ道を戻っていく。
たいしたアップダウンのない尾根歩きなので晴れていれば静かな快適な山歩きになっ
ていただろう。

 11時半前、焼小屋ノ頭で雨が強くなってきた。
雨がやむか展望が開けたらゆっくり昼食にしようと思っていた。
しかたないので合羽を着た。そして昼食を半分食べた。
やや合羽を着るタイミングが遅くなり靴の中はだいぶ湿ってきている。

 残念だが、雨はやみそうにない。
それでリンノ峰の巻き道の木々の下で残りの昼食を食べた。
その後も順調に歩き13時過ぎには牛王院平に着いた。

 ここからは将監峠に向かった。
将監峠がどんなところか見ておきたいと思ったのだ。

 6分で将監峠に着いた。
きれいな草原になっていた。晴れていれば気持ちよさそうだ。
将監小屋へのルートがあるかと思ったが、三ノ瀬への下りから小屋への道が付けられ
ていた。

 ここまで来れば、あとは軽トラックも通る巾が広い緩やかな道だ。

 しかし、その道は先日の台風の影響で20カ所近く亀裂が入ったり崩落したりして
いた。
台風の恐ろしさを見せつけられた気がした。

 14時半前、民宿みはらしに着いた。
渓流釣りの2人組と登山者2人が民宿の山の幸がたっぷりの昼食を食べていた。
自動車の駐車料金を払おうとするとお茶とブドウを出してくれてた。
お言葉に甘えブドウをいただきながら30分ほど山の生活を伺うことができた。
山の暮らしがわかる有意義な時間になった。

 帰りは塩山駅近くの塩山温泉「宏池荘」で汗を流した。
電車で来た登山者が多数入浴していた。
大菩薩や乾徳山の話に花が咲いていた。駅に近く昔から登山客に利用されているのか
もしれない。
   
 2日目を無事に終えた私は3つ目の目的地「御正体山」に向かって出発した。



◆◆◆◆ この写真付きのページは次のURLからご覧になれます。

       http://masarus2.hp.infoseek.co.jp/hyaku-c/hyaku-cindex.htm


======================================

◆◆masarusのコーナー◆◆    ・・・ 「山歩きの楽しさ」を話す ・・・

 前号(NO191号)前書きで少し触れましたが、自治会の社会学級に依頼されて
「山歩きの楽しさ〜焼津アルプスと日本百名山〜」という題で1時間ほどお話をする
機会がありました。平均年齢60歳くらいという受講生約70名が私のつたない話を
聞いてくれました。
 この masarusのコーナーに書いてきた「山歩きの楽しさ」をもとに加筆修正し、私
のHPをコピーしてパソコンを使ってプロジェクターでスクリーンに映しながらお話
ししました。
 話す前に少し挙手していただき聞いたのですが、今年になってから山歩きをした人
がわずかに3人でした。毎週のように散歩やウォーキングをしている方は半数いまし
た。一般的には手頃なウォーキングをする人の方が多いのを改めてわかりました。近
くに焼津アルプスがあるのに実体はこの程度でした。
 大勢を対象に話すことは難しいですね。「山歩きの楽しさ」がどれくらい伝わった
かわかりませんが、北アルプスの涸沢の紅葉の美しさなど山のすばらしさは感じても
らえたようです。

(読者の皆さんからのメールを募集します。このメールマガジンを読んでの感想でも
いいですし、ご自分の体験談でも、ご質問、ご意見でも何でもかまいません。このコ
ーナーではそれらを紹介していきます。)
======================================

◆◆次号予告◆◆ 御正体山(1682m) [ 二百名山、山梨県 ]  

======================================

 週刊 メールマガジン 「 私の出合った日本百名山 」

発行者 masarus への E-mail  masarus21@yahoo.co.jp
バックナンバー  http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000109155

このメールマガジンは下記サービスを利用して配信してます。
登録・解除はそれぞれのサイトから出来ます。
まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000109155.htm
melma   http://www.melma.com/backnumber_89224/
yahooメルマガ http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/2027/
カプライト http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/7670.html
めろんぱん   http://www.melonpan.net/mag.php?004502
E−Magazine http://www.emaga.com/info/100yama.html

「私の出合った日本百名山」
 ホームページ http://masarus2.hp.infoseek.co.jp/hyakumei-index.htm
=====PR===============================
               ┏━┳━┳━┳━┳━┓
見直そう♪見直そう♪自動車保険を見直そう♪ ┃そ┃ん┃ぽ┃2┃4┃
┗━┻━┻━┻━┻━┛
インターネット割引5%OFF ↓↓↓ 
http://af1.mag2.com/m/af/0000189278/001/s00000001065004/046
====PR===============================
偏差値40しかない“落ちこぼれ”

未来を心配されていた子供たちが、次々に有名大学に一発合格。

一体、彼らに何が起きたのか?彼らの人生を激変させた受験合格法。

そのヒミツをお知りになりたい方は今すぐ下記をクリックしてください!

http://af1.mag2.com/m/af/0000189278/001/s00000002697004/003
=====PR===============================
■「忙しくて、本が読めない?」ビジネス書は、エッセンスを“聴く”時代■
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◎ビジネスパーソン必読ビジネス書を厳選、要約を女子アナが朗読して【デー
タ】か【CD】でお届けします。「【iPod】で移動中に聴ける!」と大好評。
今なら【1冊分丸ごとプレゼント】
http://af1.mag2.com/m/af/0000189278/001/s00000000970010/010
======================================
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
定期保険と貯金の割合
定期保険は、現代社会において無くてはならない保険で、柔軟な対応が可能です。しかし、忘れてはいけないのが定期保険は掛け捨て保険だと言うことです。定期保険では保険料も積み立てのタイプより保険料は小さくすみますが、その分掛け捨てなので満期以降は戻ってくることがないのです。そこで少し提案したいのが、定期保険に加入し、余ったお金を貯金することで独自に積み立てをしてしまおうと言うことです。もちろんその積み立ては貯金でも構いませんし投資信託などで運用するのも良いかもしれませんよ。ただし、株などに投資をするので... ...続きを見る
保険 国民の信頼の無い社会保険庁
2007/10/30 23:31
メルマガアフィリエイト今からが熱い!!
後発組が最短で成果をあげる、メルマガアフィリエイト戦略メルマガアフィリを始めたものの、商材を購入して確かめるお金も時間もない後発組が先発組に追いつくには?これを見つけた私は、これまでの不安と迷いが消え、ガンガンと売り込むことができるようになりました。 ...続きを見る
アフィリエイトキング
2007/10/31 01:45
自動車保険 比較
自動車保険は以前、どの保険会社に加入しても車の保障と言う意味ではあまり差がないと思われていました。また、保険販売業者の窓口の人柄を信頼してその会社の保険に入ると言う例もたくさんありました。この場合は、保険会社で自動車保険を比較するというよりも、販売代理店の人間性を選んだ訳です。自動車保険を自分で比較検討する時代と言うのはもはや事故が起きた時のことを自分で責任を持つ時代になったと言えます。現在大手の自動車保険は20社以上あります。いままでは、自動車保険は、東京海上や、住友火災などの会社で取り扱われ... ...続きを見る
自動車メーカーと自動車関連情報ブログ
2007/10/31 07:05
山の幸
★☆★山の幸のお勧めアイテム!★☆★ 県産食材で新弁当 11月3 松葉川温泉&北辰の館 紅葉山の楽しみ方。 県産食材で新弁当 11月3 今日のMTMは・・・ 『松茸 秋の味覚』山の幸!! 今日はどんな日2007年11月1日 山の幸 JR東日本 茨城へ特別企画商品 仙人のように・・・ ... ...続きを見る
ブログ検索結果BLOG
2007/10/31 20:30
絶対合格!まぐまぐで発行申請を一発合格する方法
さて今回のレポートは・・・・・『絶対合格!まぐまぐで発行申請を一発合格する方法』絶対合格!まぐまぐで発行申請を一発合格する方法初心者でも簡単に理解できる。発行承認までの近道。なぜ今まで、合格できなかったのか!それはこのレポートを読まなかったからです。-------------------------------------------------この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者のまさにより『ゼロからはじめるアフィリエイト成功法』に代理登録されます。(まぐ... ...続きを見る
ほぼ日刊!無料レポートニュース
2007/11/04 11:55
元、進路指導教諭が告白!大学受験1発合格の極意!
お子さまの学力にお悩みのお母様へ。 偏差値40からの大逆転! ...続きを見る
時給百円未満
2007/11/04 18:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊 私の出合った日本百名山 他の山々 第192号 「私の出合った日本百名山」 他の山々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる